歯科の道具

postheadericon 治療法

インプラントは抜けた歯根の代わりに、顎の骨にネジを埋め込み、それをベースにして人口の歯を取り付ける治療法のことです。
インプラントにすれば、正常な歯を傷つけず、違和感なく物を噛むことができるようになり、入れ歯のように異物感や痛みを感じることはありません。
しかし、顎の骨を削ることになるので、わずかながら治療事故による健康被害の危険性があり、また、その割に治療費が高いという弱点があることも事実です。
それでも入れ歯に抵抗がある人や、不自由さを感じている人は、一度はこの治療法を考えます。

ホワイトニングとは
ホワイトニングは歯の表面に漂白剤効果のあるジェルを塗り、色素を分解して無色透明にします。
歯科医の指導の下、自宅で行う「ホームホワイトニング」という方法と、全て病院で行う「オフィスホワイトニング」という方法があります。
前者は病院で歯型のトレーを作成してもらい、自宅で毎晩それに漂白剤を注入後、装着して寝ます。
1週間くらい続けると効果があり、半年程もちます。
後者は病院で1時間程度の治療1回行うだけで3~6か月、その状態が保てます。
金額的には「ホームホワイトニング」の方が安いのですが、面倒だという人には「オフィスホワイトニング」がお勧めです。

歯科の歯型

postheadericon インプラントとは

一方、機能面と審美面を両立させた治療技術も存在します。
その代表的なものが、インプラント治療です。
失われた歯を補完する治療としては入れ歯やブリッジなどがありますが、インプラント治療はこれらとは異なり、金属製の人工歯根(この歯根をインプラントといいます)を顎の骨に直接埋め込み、その上に人工の歯を装着するという方法を取ります。
インプラント治療は入れ歯に比べると噛む力が格段に強く、自然の歯とさほど変わらない使用感が得られます。
またブリッジのように金属部分が露出することもないため、見た目も自然です。

歯科医院の業務内容
現在、歯科医院では業務内容が多様化しています。
従来からある虫歯や歯周病の治療はもとより、インプラント、審美歯科など、医療技術の向上により対応できる診療科目の幅が広がってきました。
虫歯になる前に定期的にメンテナンスを行う、予防歯科もそのひとつです。
また、自分の歯をよりよくしたい、と考える人が増加傾向にあり、無くなってしまった歯を天然歯と同様によみがえらせようとするインプラントや、口元の印象を変えたいとホワイトニングを希望する人が出てきました。

歯科の医者

postheadericon 歯科治療の2つの側面

歯科医院において行われている治療が、虫歯や歯周病などの「悪いところを治す」ことに主眼が置かれているのは言うまでもないことです。
健康被害の進行を食い止め、改善をもたらすのは医療機関としての使命でもあります。
ただ、それだけが歯科治療のすべてではありません。
口元は人前で話をしたり食事をしたりする際に多くの視線が集まるところであり、その人の印象を決定づけるのに大きな役割を果たすこともあります。
このことから、多くの歯科医院では機能面だけではなく美しさの改善を目指す治療をも取り扱っています。

ホワイトニングとは
審美面を重視した歯科医療にはいくつかの種類がありますが、その代表的なものにホワイトニングがあります。
ホワイトニングは、加齢や食習慣などによって色素が付着して通常の歯磨きでは落ちなくなってしまった黄ばみなどを除去し、歯本来の白さをよみがえらせる治療です。
具体的にはブリーチングと呼ばれる方法によって行うのが主流になっています。
これは、特殊な薬剤を歯の表面に塗布することで黄ばみの原因物質を分解し、取り除くというものです。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年9月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930